理想の土がくれた恵

もっと” 特別” な落花生に

落花生はとても特別な農産物です。落花生の別名がピーナッツなので、アーモンドやカシュナッツと同じナッツ類だと思われがちですが、落花生は木になるナッツではなく、畑で栽培されるマメ科の果菜類です。「落花生」の文字通り、花が落ちて地中で実になる特別な育ち方をします。

落花生の生産に必要な水は、ナッツ類のアーモンドと比べて約5%と少ないにもかかわらず、アーモンドに引けを取らない高い栄養価が得られることから、開発途上国の子どもや高齢者の栄養不良を改善する治療食 “プランピーナッツ”としても用いられている特別な食料です。

落花生は農業においても特別な存在です。同じ場所で同じ野菜の栽培を続けていると、その野菜を侵す病原菌が増えたり、土壌の養分が不足したりして、野菜の生育が鈍くなる連作障害が起きることがあります。ところが、マメ科の落花生を栽培することで独自に窒素を生成し、土壌を良い状態に整えてくれるのです。

ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、アミノ酸と、豊富な栄養素を取ることができる落花生は、ダイエット、美肌、認知症予防、熱中症予防などで世界が注目する食材です。ハーバード大学のウォルター・ウォレット教授が30年かけて12万人を対象に調査をした研究では、毎日ピーナッツを食べると、生活習慣病による死亡リスクが20%低下するとの結果が導き出されています。

そんな特別な落花生を、もっと特別にしているのがグッドソイルグループの落花生。「理想の土(グッドソイル)」を用い、有機栽培で育てた落花生を1カ月半ハウス天日干しすることで、うま味を凝縮しました。また東京大学大学院農学生命科学研究科の分析では、健康維持や老化抑制に有効な成分とともに、熱中症対策になるミネラルなどが豊富に含まれることが示されています。

グッドソイルグループの「理想の土」で育つ落花生は、もっと特別な落花生なのです。

落花生で疾病予防

落花生を摂取すると、脳卒中・脳梗塞・循環器疾患の発症リスクが低下します。(日本人を対象とした調査結果)

脳卒中・脳梗塞・循環器疾患リスク予防
 

落花生の
リノール酸、α-リノレン酸

落花生の約半分を占めるオイルには不飽和脂肪酸が豊富に含まれます。

不飽和脂肪酸が豊富
不飽和脂肪酸が豊富
 

心疾患リスクコントロール

不飽和脂肪酸のリノール酸・α-リノレン酸の摂取は、心疾患による死亡リスクを低減する効果が期待できます。

心疾患リスク低減
 

落花生で生活習慣病予防

グッドソイルグループの落花生には、
不飽和脂肪酸以外にも 
健康機能に関連する多様な成分が含まれています。

生活習慣病予防効果